地域ライター・りょうたたきの自己紹介

はじめまして、「Re:高松」の編集部員を務めさせていただくことになりました、生まれも育ちもずっと香川県の「りょうたたき」です。

2022年7月に「BERYL Design」を開業してフリーランスのWebデザイナーとして活動しています。

ホームページに簡単な自己紹介や制作実績なんかも載せているのでよかったらチェックしてみてください。

BERYL Design
BERYL Design BERYL Design
目次

将来の夢は世界制覇!

世界制覇と言っても何かで世界一になる!ということではなく……

世界の様々な景色や文化に触れたいということです。

小さい頃から家族が旅行好きで車に揺られて、ほぼ毎週末旅館に泊まりがけで温泉旅行に行っていました。

小さい頃で記憶に無いものも含めれば、温泉はほぼ完全制覇しているそうです。

その影響もあってか、僕も旅が好きです。休みの日には、必ずと言っていいほど旅をしています。

まだ見たことの無い景色や食べたことのない料理に触れることに魅力を感じます。

旅のプランを考えている時も楽しいです。

その地域の特産品や歴史など調べていると勉強になります。

交通量や天候でプラン通り行かなくても現地で別のプランをすぐに考える。これも旅の醍醐味ですね。

りょうたたき

美味しいもの食べて、温泉に入ると身体の調子が良く、健康になった気がします!

でも、実は海外にはまだ行ったことがありません。

学生の時に留学を予定していましたが、コロナウイルスによって行くことは叶わず……

もう少し落ち着いたらいろんな国を周ってみたいです!

思い立ったら即行動

今は開業をしてフリーランスとして、働いていますが以前は県内の上場企業で設計やロボットのプログラミングを行っていました。

給料、待遇、福利厚生どれも充実していました。よくなんでいい会社なのにやめたのと聞かれます。

生まれた時から「ものづくり」が好きで料理や機械いじりなどの作る趣味が多く、高専という進路を選びました。

その後、会社というものを学びたいと思い、就職をしました。

会社員として働きながらWebデザイナーに興味を持ち、開業するために退職。そして現在に至ります。

りょうたたき

フリーランスになった後でも会社で学んだことはかなり役に立っています。

いきなりフリーランスになろうとしている方も一度就職して会社員になるのはおすすめです。後々、開業する時に参考にできる点が多々あります!

なぜ、Webデザイナーに興味を持ったのか。

一般的に「ものづくり」には材料費、工具や設備費など多くの費用がかかってしまいます。

そこで、PC上で創作活動をすれば費用が安く済むことに目をつけました。

試しにゲームやバナーを見よう見まねで作って見ると楽しい……!

それからこれを仕事にできないかと思い立ち、気付けばWebデザイナーを目指していました。

考える前に面白そうだと思った時点で即行動を起こしてしまうのが僕です。

自分で何かを立ち上げることは大変でしたが、それ以上に楽しいという感覚がありました。

これも「ものづくり」に通ずるものがあったのかもしれません。

開発環境はどのOS、デバイスで見ても問題が無いかをチェックするために各種導入しています。特にBERYL Designが得意としている「動くホームページ」はモニターや使用するブラウザでも見え方が変わってきます。

行きたいところに手が届く街

僕の高松のお気に入りポイントは程よい田舎で住み良いところです。

中心街は海の近くにあって、飲み歩いたり、観光した後に落ち着いて潮風を浴びることができます。

街中からでも車で15分くらい移動すれば峰山や五色台、屋島などの山頂から綺麗な海と街を一望することもできます。

海も山も街もぎゅっと詰まっていて、行きたいと思ったらすぐに行ける。

そこが高松の魅力だと思います。

僕が高松を離れられないのは新しいグルメやスポットがまだまだ出てくるところです。

いつも通っている道に新しいお店ができていたり、近所の景色のいいところが観光スポットとして人気になったりと同じ土地でずっと暮らしていても楽しみが尽きません。

これからもどんな新しいものが出てくるか楽しみです!

旅好きの人が依存するような街、高松

僕が高松を拠点にしている理由は他県へのアクセスの良さもあります。

四国は日帰り旅行にピッタリですし、島巡りや最端巡り、88カ所など楽しみ方がたくさんあります。

また、少し遠出して本州や九州に行くことも容易です。

その中でも高松は小さいけど、他にはない魅力がギュッと詰まっています。

りょうたたき

高松だけでも行ってみたいところが尽きないですね。

「ものづくり」をしていて、良い経験ばかりではなかったと思います。

誰も思いつかないようなアイデアを出してもできる訳がないと鼻で笑われたりと悔しいこともあった。

けれどその経験も当時は「わかりやすく伝える能力が足りてなかった」と教訓にして、足りない物を補ったり、新しい物を取り入れて進化するWebデザイナーとして成長を続けています。

そしてこの高松の街は自分にとって色んな影響を受けて進化させてくれる場所だから、心癒されるしずっと好きな街です!

まだまだ知らないもの、新しいものがいっぱいある街。

その未知にあふれているところを「Re:高松」で紹介していこうと思っています。

高松への旅で知って、行って、体験してもらって少しでも魅力が伝わってくれたら嬉しいです。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次