【高松市】24時間無人販売所!『餃子白姫』の餃子を調理してみたら、具材たっぷりジューシーだった!

この記事は3分以内で読めます。
情報は2022年1月時点のものです

こんにちは! Re:高松編集部員のサカモトです。さて、最近話題の無人販売所の餃子、あなたはもう食べましたか?「まだ食べてない!」という方はぜひ本記事を最後まで読んでみてください!きっとあなたも餃子を食べたくなってしまうはず。

今回は高松市の太田上町にある無人販売所・餃子白姫で購入した国産餃子を実際に調理して食べてみたいと思います。それでは自宅で作れる専門店の餃子の美味しさをお届けしていきます!

本記事を読めばわかる事!
  • 餃子白姫の概要
  • 無人販売所での買い方
  • 美味しい餃子の調理法
  • 出来上がりの様子
目次

餃子白姫の外観と内装の様子

餃子白姫で取り扱っている国産餃子は餃子の本場である栃木県宇都宮市直送!宇都宮市の餃子製造所ではこだわりの原材料である、国産の厳選された肉、青森県のニンニク、栃木県のニラ、高知県の生姜を使って餃子を作っています。

餃子白姫の国産餃子は一般的なものより大きくジューシーな味わいが特徴的です。パリパリ、モチモチの食感は病みつきになります。

お店は県道147号沿いにあり、ことでん太田駅からは徒歩1分の驚異的な近さに位置しています。お仕事帰りなどにも寄りやすい立地で便利ですね。

外観と内装

取り扱っている餃子は32個入りの国産餃子(プレーン)、28個入り国産餃子(しそ)の2種類!どちらも価格は1,000円です。

餃子の他にも特製餃子のたれや、保冷袋もそれぞれ100円で販売しています。

また、餃子1包につきレジ袋1枚と保冷剤2個が無料となっています。

お釣りは出ませんので商品代金を現金で価格ピッタリ用意しましょう!お金は料金箱に投入すると支払い完了です!

親切に電卓やセロハンテープまで準備してくれています。是非活用しましょう!

ちなみに餃子の他にもご当地ラーメンも販売しています。1個500円です。ラーメンと餃子との組み合わせは中華料理の定番ですね。

無人販売所で購入!

今回購入したのは、国産餃子(プレーン)1包特製餃子のたれ1本です。合計で1,100円となります。特製餃子のたれは化学調味料が無添加となっており、体に優しいことがわかります。

いざ、気合を入れてお金を投入箱へIN!スッ…..

スルスル〜と吸い込まれていく千円札、チャリンと音を立てる100円玉。これはなかなか気持ちいいかもしれません。

購入完了!レジ袋に購入した商品を詰めたら後は帰るだけです。

餃子のパッケージ

1包で2パック入っています。1包で32個なので、1パック16個入りですね。ご家族だけでなくお一人様でも食べやすいちょうど良い数となっています。

冷凍餃子なので釘が打てそうなくらいカチコチです!そこのお父さん、日曜大工にどうでしょう?

さて、確かに一目で一般的な餃子よりも大きいことがわかります。餃子の表面には小麦粉がうっすら塗してありとても美味しそうです。

いざ調理開始!美味しい餃子の作り方!

フライパンに油を引く

フライパンはテフロン加工のもの、または油のよく馴染んだものの使用がおすすめです。それでは調理を開始します!

まずは、フライパンを熱し、油を引きましょう!

餃子を並べる

次に、ここで一旦火を止めます!

そして冷凍のまま餃子を並べましょう。並べ方はなんでも大丈夫です。今回は円形にしてみました!

水を加える

餃子を並べ終えたら、餃子の3分の1くらいの高さまで水を加えます。まだ火は止めたままですよ!

フタをする

水を加え終えたらフタをします。

次に、強火にかけ沸騰してから3〜4分位、お湯がなくなるまで火を通していきます。

ちょっと中身を確認……おっとっと。

いい感じに蒸し焼きになっていますね。もちもち感が伝わってきます!

お湯が蒸発したら、ごま油を加えて……

蒸発してお湯がなくなっら、餃子のまわりにごま油をたらして弱火でゆっくり焼き色をつけていきましょう!

はい、出来上がり!

十分に焼き色がついたら完成です!お皿に移しましょう。

パリパリの餃子をいざ、実食!

焼き上がりはこんな感じ

きつね色にこんがり焼きあがっていますね。うん、これは美味しそうだ!

具材がジューシーな味わい!

それでは、特製餃子のたれをかけて、いただきます!パクッ。

・・・「ンー、美味しい!」

皮はパリパリに焼きあがっているのにもちもちした食感もあり、中身の具材は肉汁溢れるジューシーな味わいが堪らないです。お肉とニンニク、ニラ、生姜がそれぞれマッチしていて口の中でハーモニーを奏でていますね。

何と言っても具材たっぷり、大きめ餃子が食べ応えがあってご飯が進みます。この餃子ならば何個でも食べられそうです。

パクパクパク。。。ゴクッ。

まとめ:「24時間無人販売所!『餃子白姫』の餃子を調理してみた!」

それでは最後に本記事をまとめていきます。

本記事をまとめます!
  • 餃子白姫は太田上町にある餃子無人販売所!
  • 国産原材料にこだわった大きめの餃子が特徴的!
  • 無人販売所での購入は簡単セルフ方式、料金箱にお金を入れるだけ!
  • 美味しい餃子の調理法は実はパッケージの裏面に記入されている!
  • パリパリ、モチモチの皮と肉汁あふれるジューシーな具材がベストマッチ!

いかがでしたか?もし本記事を読んで餃子白姫の国産餃子に興味を持ったなら、ぜひその足で今すぐ餃子白姫へダッシュしてみてください!きっと後悔しない餃子体験ができるはず。

ちなみに、焼き上がりから少し時間を置いた餃子も用意して食べてみました。驚いたことに餃子白姫の餃子は冷めてからもしっかり美味しいのです。熱々のものとはまた少し味わいは違いますが、それでもしっかり旨味が感じられるのですごいと思いましたね。

餃子白姫の店舗情報
  • 住所:〒761-8074 香川県高松市太田上町758−1
  • 営業時間:24時間営業
  • 定休日:なし
  • 電話番号:087-880-5458
  • HP:https://shirahime-gyoza.jp

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる