【高松・瓦町】日替わり4種類から選べる生パスタランチ!「Pasta House Gra」(グラ)

この記事は3分以内で読めます。
価格などの情報は2021年3月時点のものです。

「Re:高松」編集長のオーシカです。

 

琴電瓦町駅を出てすぐ、昭和の雰囲気漂う「たぬき横丁」の一角に、オシャレなパスタ屋さんを発見しました!

2020年7月から営業している、「Pasta House Gra」(グラ)さん。

日替わり4種、生パスタを使ったランチが食べられるGraさんを、今回はご紹介します。

 

Pasta House Graさんの魅力3つ!

  1. 香り高い生パスタを日替わりメニューで食べられます
  2. 目にも鮮やかな新鮮野菜をふんだんに使用
  3. 香川県産の食材も頻繁に使われています
オーシカ
オーシカ

女性客が多い印象ですが、「舌でも目でも楽しめる」パスタは、通好みの男性でも納得できる味です!

 

目次

ランチは、異なる生パスタを使った日替わり4種類から

Graさんでは、淡路島から取り寄せる生パスタ計8種類から、毎日日替わりメニュー4種類が並びます。

 

生パスタが持つ小麦粉本来の風味と、みずみずしい新鮮野菜の香り

パスタがテーブルに届いた瞬間、色鮮やかな野菜の彩りと相まって、一気に食欲をかき立てられます。

志度で獲れたカキや高松産のルッコラ、さぬきのめざめ(香川県産のアスパラガス)など、香川県の食材を貪欲に取り入れているのも魅力。

メニューを見ただけで、期待値が高まります!

舌でも目でも楽しめる、野菜が躍動するパスタ!

ランチセットは1,000円。

バゲット付きのサラダと、パスタがセットになっています。

大盛りは+100円、+200円でドリンクセットにもできますよ。

たっぷり盛られたサラダも、実はGraさんの名脇役。

少し酸味を感じるオリーブオイルベースのドレッシングが、生野菜のフレッシュな味を引き立てます。

自然と、胃袋が「もっと美味しいものを!」と声を上げる感じ笑。

 

バゲットは、パスタの残ったソースをすくい取って食べるのがオススメです。

 

主役のパスタは、僕が行ったときに食べたものを2つ、ご紹介しますね。

(日替わりのため、また季節の食材を使っているため、同じメニューはない場合があります)

「桜エビとスナップエンドウのトマトソース」(2021年3月)

ベーシックなスパゲッティを使ったこちらは、スナップエンドウの緑トマトソースの赤が見事なコントラスト!

 

桜エビの持つ磯の味と芳醇なトマトソースの風味が混ざり合って、ただただ深い。

さらにスナップエンドウのコリコリシャキシャキとした食感が楽しめて、奥行きを感じさせてくれました。

 

春の陽気が顔を出し始めた頃。

季節の美味しさがギュッと詰まったひと皿でした。

「ホウレン草と小エビのクリームソース」(2021年4月)

平太めん「タリアテッレ」を使ったメニュー。

 

ホウレン草の深い緑がイキイキと主張していますね!

粉チーズのまろやかな風味と麺の香りが漂って、恍惚とします。

 

塩味のきいたスープ状のクリームソースが、平太めんにまとわれて、舌にじんわりと広がっていく〜。

これまたたっぷりとソースを吸ったホウレン草と、プリップリの小エビが、いい食感のアクセントに。

ソースはバゲットを浸して、最後まで美味しくいただきました。

「Pasta House Gra」の店舗情報

色鮮やかな新鮮野菜が躍動するパスタは、一瞬にして目を奪われること間違いなし。

体が「食べたい!」と反応するもんだから、より美味しく感じられちゃいます(^^)

 

高松の中心地・瓦町駅から、たったの徒歩3分。

琴電を降りてすぐ行けるので、買い物前・買い物帰り、ぜひ立ち寄ってみてはいかがでしょうか?

 

Pasta House Gra(パスタハウス グラ)

住所 香川県高松市瓦町2-5-5
電話 087-813-3390
営業時間 月〜土(祝日含む)11:30〜14:30(LO14:00)、17:30〜22:30(LO22:00)
定休日 日
アクセス情報 琴電瓦町駅から徒歩3分

瓦町駅北側、「たぬき横丁」を進んでくださいね。すぐ、右手に見えます。

オーシカ
オーシカ

ディナーもやってます! パスタに加え、肉料理やワインも楽しめますよ。

 

瓦町でディナーを食べるなら! オーシカが行ったオススメをご紹介します
カレー>【高松・瓦町】カレーもお酒も楽しめる隠れ家バー「Tavern」

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる